2018年03月13日

「 空海 」明日鑑賞

 TOHOシネマズ新宿と新宿ピカデリーの上映時間を確認した結果、明日は16時35分から19時00分まで、新宿ピカデリーにて「 空海 - KU-KAI - 美しき王妃の謎 」を鑑賞する。

 原題は「 妖猫传 」、英題は「 Legend of the Demon Cat 」、直訳すれば「 悪魔猫の伝説 」だ。和風に言えば「 化け猫伝説 」かな。人間の言葉を話す謎の黒猫が登場して、人が次々と不可解な死を遂げた怪事件の真相を語るらしい。

 余談だが、3月21日( 水・祝 )から公開される「 トゥームレイダー ファースト・ミッション 」( http://wwws.warnerbros.co.jp/tombraider/ )のムビチケを購入したが、ムビチケ購入特典の配布物は何も無かった。4月13日( 金 )から公開される「 パシフィック・リム : アップライジング 」( http://pacificrim.jp/ )のムビチケを購入したら、数量限定特典の「 ジプシー・アベンジャー スイングマスコット 」( クリアブルーVer.付 )を貰った。
posted by 119号!緊急出場! at 01:11| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

「 シェイプ・オブ・ウォーター 」鑑賞

 本日、「 シェイプ・オブ・ウォーター 」( http://www.foxmovies-jp.com/shapeofwater/ )を鑑賞したが、想定以上に良かった!2時間3分、まったく飽きる事なく、まったく眠くなる事なく、冒頭から美しく優しい音楽と共に、ラストに繋がる伏線が描かれ、小物類を含む芸術的なセットの美しさ、色彩映像の美しさ、終始随所に散りばめられた深刻な社会的テーマの数々の奥深さと、少し暴力的で残酷で、ユーモラスに富み、とても美しく魅惑的な人間模様と、種族や民族を超えた究極の純愛物語、緊迫が続く物語の結末は、愛と不思議に満ちたファンタジー・ロマンスで、今現在、今年の最高傑作と言える!

 イライザは、まったく物怖じせず、血のりベットリの床をモップで拭き取り、切断された指2本を摘まんで拾ってマスタードが残った紙袋の中に投入する変わり者だ!だから、醜い半魚人に恋しても、自ら行為を求めても、まったく不思議でも何でもない!と、思うしかない。自分の部屋と劇場を水浸しにして、個人賠償責任保険や借家人賠償責任保険に未加入だったら、多額の賠償金を請求されたはずだが、「 アパートの配管が破損したんだ! 」と言って、大家に責任を押し付けたと思われる!最後は「 ギルマン( エラのある人間 )」に変身して末永く2人で幸福に...

 ストリックランドは、若くて綺麗な奥様と可愛い子供が2人も居るのに、失敗を許されない汚い仕事の達成に追われ、血も涙も無い厳しい上司に非道なプレッシャーを掛けられ、すっかり疲れ果てて、最後は走って逃げれば良いものを...

 ジャイルズは、美しく毛並み良い可愛い飼い猫を半魚人に頭から噛み食われたのに「 彼の本能だから仕方ない 」と、誠に寛大な心の持ち主だ。

 半魚人は、ウルヴァリンの様な驚異的スピードの自然治癒力で、自分の傷も相手の傷も治してしまう神の様な能力の持ち主だ。

 ホフステトラー博士は、心ある研究者と信じていたのに、何で死ぬ間際に「 掃除人がやった 」と教えるんだ!適当な嘘を教えれば良いのに!

 ゼルダは、本当に善い人間だ。旦那はダメ男だ!

 第74回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞、第75回ゴールデングローブ賞で監督賞と作曲賞、第90回アカデミー賞で作品賞と監督賞と作曲賞と美術賞を受賞した事は、まったく理解し易い作品だ!
posted by 119号!緊急出場! at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

「 シェイプ・オブ・ウォーター 」明日鑑賞

 明日13時55分から16時05分まで、TOHOシネマズ新宿にて「 シェイプ・オブ・ウォーター 」を鑑賞する。

 脚本を共同執筆したギレルモ・デル・トロ監督が幼少期に鑑賞したホラー映画「 大アマゾンの半魚人 」( 米国公開は1954年3月、日本公開は同年7月 )に登場した半魚人「 ギルマン( エラのある人間 )」と、ジュリー・アダムスが演じたヒロインの「 ケイ・ローレンス 」が結ばれていたら?という発想が基らしいが、なかなか特異な発想だと思う。

 「 シェイプ・オブ・ウォーター 」は、「 キングコング 」に代表される「 人間の身勝手で捕らえられた未確認生命体と現代文明の接触が引き起こす悲劇 」と「 人間の女性に恋した未確認生命体の悲恋 」の定番要素よりも、純粋な「 恋愛ドラマ 」要素が、より強調された作品なのかな?と、想像している。

 しかし、半魚人が人間の女性に恋する事は勝手だが、その感情を人間の女性が体感的に受け入れてしまう精神状態は、映画を観れば理解できるものなのかな?と、期待している。
posted by 119号!緊急出場! at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

「 15時17分発、パリ行き 」鑑賞

 昨日15時05分から16時50分まで、新宿ピカデリーにて「 15時17分発、パリ行き 」を鑑賞したが、テロ犯に立ち向かった「 3人の若者 」って、極々普通の「 大学生 」と、勝手に思い込んでいた。

 「 極悪非道なテログループ 」に対して、「 極々普通の一般人 」が、「 極々普通の民間人 」が、決意と覚悟と勇気を持って立ち向かった!と、勝手に思い込んでいた。

 実際は、アンソニーは民間人だったが、スペンサーとアレクは軍人だった!2人は決して優秀な特殊部隊員とかじゃないけど、日々の厳しい訓練に真面目に頑張る、アメリカ軍の兵士だった!たった一人のテロ犯など、「 制圧して当たり前だ! 」とは、決して思わないけど、スペンサーとアレクは職業として、日々戦争の訓練、日々戦闘の訓練、日々救急救命の訓練やってるプロだ!「 ある程度は出来て当たり前だろう! 」と、思われても仕方のない「 映画 」だった。

 例えば「 3人の若者 」が「 3人のオヤジ 」だったとして、その3人がジョン・ランボーやケーシー・ライバックやジョン・マクレーンやジャック・バウアーだったら、犯人は数秒で殺されて事件は解決!3人には勲章も無し、写真撮影も無し、パレードも無し、映画化も無し、きっと間違いないだろう!
posted by 119号!緊急出場! at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

第41回 日本アカデミー賞

 今月2日( 金 )、映画人が選ぶ最高峰の映画賞「 日本アカデミー賞 」の第41回目の授賞式が、東京のグランドプリンスホテル新高輪で盛大に開催され、各15部門の「 最優秀賞 」が発表されたが、全て未鑑賞だ。

最優秀作品賞・・・「 三度目の殺人 」( 未鑑賞 )
最優秀アニメーション作品賞・・・「 夜は短し歩けよ乙女 」( 未鑑賞 )
最優秀外国作品賞・・・「 ラ・ラ・ランド 」( 未鑑賞 )
最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀編集賞・・・是枝裕和 「 三度目の殺人 」
最優秀主演男優賞・・・菅田将暉 「 あゝ、荒野 前篇 」( 未鑑賞 )
最優秀主演女優賞・・・蒼井 優 「 彼女がその名を知らない鳥たち 」( 未鑑賞 )
最優秀助演男優賞・・・役所広司 「 三度目の殺人 」
最優秀助演女優賞・・・広瀬すず 「 三度目の殺人 」
最優秀撮影賞・・・柴主高秀 「 関ケ原 」( 未鑑賞 )
最優秀録音賞・・・矢野正人 「 関ヶ原 」
最優秀照明賞・・・宮西孝明 「 関ヶ原 」
最優秀美術賞・・・倉田智子 「 花戦さ 」( 未鑑賞 )
最優秀音楽賞・・・鈴木慶一 「 アウトレイジ 最終章 」( 未鑑賞 )
posted by 119号!緊急出場! at 07:15| 東京 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする