2017年04月04日

「 キングコング 髑髏島の巨神 」鑑賞

 4月2日( 日 )、新宿ピカデリーにて「 キングコング 髑髏島の巨神 」を鑑賞して来た。

 ヒロインのメイソン・ウィーバー( 演:ブリー・ラーソン 27歳 )より、絶対に綺麗で可愛いと思うサン・リン( 演:ジン・ティエン 28歳 )だが、出演した意味が殆ど無いに等しい影の薄い役柄で残念だった。ブルックスと共に、次作では大活躍して欲しい。

 改めて言うが、「 髑髏島の巨神 」だか「 怪獣島の王 」だか「 髑髏島の生態系の頂点に君臨する巨大なる守護神 」だか知らないが、体長30メートル程、体重100トン程の大型スカル・クローラーに対して大苦戦している様では、魚ばっかり食ってる「 GODZILLA ゴジラ 」には勝てるだろうが、「 地球上の生態系の頂点に君臨する完全生物 」の「 シン・ゴジラ 」には絶対に勝てないだろう。

 2020年!「 コング ゴジラ モスラ ラドン キングギドラ 地球最大の決戦 」の公開が楽しみだ!
posted by 555号発進! at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック