2020年01月09日

「 パラサイト 半地下の家族 」明日鑑賞

「 パラサイト 半地下の家族 」を明日の午後、「 TOHOシネマズ新宿 」で鑑賞して来る。往復で使う交通費は336円だ。

自宅から歩いて行ける「 池袋HUMAXシネマズ 」でも上映されるが、前席に座る人の頭がスクリーンに被る劣悪な劇場だ。
posted by 119号!緊急出場! at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年会

2020年「 新年会 」の予定は以下の通り。

飲み過ぎ!食べ過ぎ!要注意!

胃腸薬は必需品!体調管理は万全に!

@ 1月1日( 水 )15時〜21時
A 1月2日( 木 )17時半〜22時
B 1月10日( 金 )17時〜21時
C 1月11日( 土 )19時〜21時半
D 1月12日( 日 )15時〜21時半
E 1月14日( 火 )19時〜23時
F 1月15日( 水 )17時〜22時半
G 1月24日( 金 )18時〜20時
H 1月28日( 火 )18時半〜22時
I 2月1日( 土 )17時〜19時
posted by 119号!緊急出場! at 06:30| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

「 スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け 」再鑑賞

 2020年最初の映画鑑賞作品として、本日、池袋のグランドシネマサンシャインにて「 スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け 」を再鑑賞して来たが、改めて感動できて新たに泣けた!

 2度目の鑑賞はシアター12「 IMAXRレーザー / GTテクノロジー 字幕版 」( 座席数 / 542+2、音響 / IMAX 12ch、W25.8m × H18.9m、追加料金700円 ) の良い座席位置( 追加料金3,000円のグランドクラスシートの1列前 )で鑑賞してみたが、1度目のシアター3( 座席数 / 381+2、音響 / デジタル7.1ch、W16.1m × H6.7m )と比べ、シートに響き感じる音響体感が少しだけ心地良くて、画面サイズが少しだけ大きかったみたいで、ただそれだけだった。でも、差額は700円だから、まっ!いっか!って感じだ。

 シアター4( 座席数 / 160、デジタル7.1ch、W13.6m × H5.8m )は、体感型アトラクションシアター「 4DX 」と、3面マルチプロジェクション上映システム「 ScreenX 」が融合した体感型シアターで、革新的なスペシャルエフェクトと、視野270度の3面マルチプロジェクション上映システムによって、今までにないダイナミックな映画鑑賞体験が出来るらしいが、なかなか鑑賞したい対象作品が上映されない。
posted by 119号!緊急出場! at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

「 007 ノー・タイム・トゥ・ダイ 」ムビチケ購入

 「 007 ノー・タイム・トゥ・ダイ 」( https://www.007.com/no-time-to-die-jp/ )のムビチケを購入し、前売購入特典の「 ポストカードセット 」を貰った。

 2020年3月2日に52歳の誕生日を迎えるダニエル・クレイグだが、今から14年前、初めて007 / ジェームズ・ボンドを演じたシリーズ第21作「 007 カジノ・ロワイヤル 」は、シリーズ最高の興業収入を記録した。その6年後、2012年に公開された「 007 スカイフォール 」は、同記録を更新する傑作だった。

 前作「 007 スペクター 」から5年振り、ダニエル・クレイグが演じる007 / ジェームズ・ボンドとしては5作目、シリーズ第25作「 007 ノー・タイム・トゥ・ダイ 」は、2020年4月10日( 金 )全国公開!
posted by 119号!緊急出場! at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 パラサイト 半地下の家族 」ムビチケ購入

 2019年5月21日、第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを韓国映画として初受賞した「 パラサイト 半地下の家族 」( http://www.parasite-mv.jp/ )に対し、審査員長は「 全く先が読めない映画 」「 本作は様々なジャンルがミックスされており、切迫した事柄をユーモラスに描けている 」と評し、他の審査員も本作を絶賛し、満場一致の受賞だったらしい。とても興味深い。

 本作に対しポン・ジュノ監督は「 おそらく、海外の観客はこの作品を100%理解する事は出来ないだろう。この作品はあまりにも韓国的で、韓国の観客が見て、ようやく理解が出来るディティールが散りばめられている 」と語ったらしい。とても興味深い。

 2019年7月28日、本作は中国青海省の省都・西寧市で開催された「 西寧ファースト青年映画祭 」の閉幕式で上映される予定だったが、前日の午後に突如、「 技術的な理由 」で上映中止となったらしい。本作の内容が中国当局の検閲で問題視された可能性が高いと見られているらしい。 とても興味深い。

 本作はアカデミー作品賞の最有力候補らしい。とても興味深い。ムビチケを購入し、前売購入特典の「 オリジナル付箋 」を貰った。今週10日( 金 )から全国公開!
posted by 119号!緊急出場! at 18:55| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする