2019年12月18日

超高層ビル世界ランキングベスト10

 以下、今現在の「 超高層ビル世界ランキングベスト10 」を記載するが、「 ビルの高さ 」の定義としては、@「 地上からアンテナ・尖塔までの高さ 」A「 居住階が連続するビルのみ 」とする。

 どちら様も、超高層ビル火災を起こさない様に、防火防災管理を宜しくお願い致します。

第1位 ブルジュ・ハリファ・・・アラブ首長国連邦のドバイ 828m・162階建
第2位 上海中心・・・中華人民共和国の上海 632m・128階建
第3位 アブラージュ・アル・ベイト・タワーズ・・・サウジアラビアのメッカ 601m・95階建て
第4位 平安国際金融中心・・・中華人民共和国の深圳 600m・115階建て
第5位 高銀金融117・・・中華人民共和国の天津 597m・117階建て
第6位 ロッテワールドタワー・・・大韓民国のソウル 555m・123階建て
☆☆☆ グラスタワー・・・アメリカ合衆国のサンフランシスコ 550メートル・138階建
第7位 1ワールドトレードセンター・・・アメリカ合衆国のニューヨーク 541m・104階建て
第8位 CTF金融センター・・・中華人民共和国の広州 530m・111階建て
第8位 天津CTF金融センター・・・中華人民共和国の天津 530m・111階建て
第10位 CITICタワー・・・中華人民共和国の北京 528m・108階建て


 < 建設中の超高層ビル >

ジッダ・タワー・・・サウジアラビアのジッダ 1,007m・167階建て 2020年完成予定 完成したら第1位

武漢グリーンランドセンター・・・中華人民共和国の武漢 636m・119階建て 2020年完成予定 完成したら第3位
posted by 119号!緊急出場! at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そびえ立つ地獄

 今から44年前、1975年6月28日に日本公開された「 タワーリングインフェルノ 」は、1970年代中盤期の「 パニック映画ブーム 」の最高傑作と評され、アカデミー賞の撮影賞と編集賞と歌曲賞を受賞した。

 地上550メートル・138階建、サンフランシスコに立つ世界最大の超高層ビル「 グラスタワー 」落成式の夜、135階のプロムナードホールに来賓300名を招いた祝賀パーティーが始まる頃、81階の物置室の配電盤のヒューズから出火!瞬く間に上下各階に大延焼!襲い来る炎に数百名が犠牲となる大惨事!タイトル通り「 そびえ立つ地獄 」に直面した大勢の人間ドラマを描いたパニック映画の極め付け作品!超高層ビル火災を描いたパニック映画の傑作!

 劇中で語られる防火防災消火に関する言葉のやり取りは、今でも通用する重要な教訓・指導として、しっかり学んで頂きたい。

 グラスタワーのオーナー:ジェームズ・ダンカン( 演:ウィリアム・ホールデン )の娘、パティ・シモンズを演じたスーザン・ブレイクリーは、当時27歳、1948年9月7日、西ドイツ( 当時 )フランクフルト・アム・マイン生まれ。大馬鹿野郎の夫でも、献身的に寄り添い支え続け様と声を掛ける優しい性格と、ドレスアップした美しさが印象的だった。現在は71歳、まだまだずっとお元気で、長生きして頂きたい。
posted by 119号!緊急出場! at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋月家の雪姫

 今から61年前、1958年12月28日、黒澤 明監督の傑作娯楽映画大作「 隠し砦の三悪人 」( 黒澤作品初のシネマスコープ作品、第9回ベルリン国際映画祭 銀熊賞受賞、第32回キネマ旬報ベスト・テン第2位、第9回ブルーリボン賞 作品賞受賞 )が劇場公開された。

 何と言っても、当時21歳の上原美佐が演じた秋月家の「 雪姫 」のキリリとした顔立ちと威厳ある凛々しさ、躍動感溢れる健康的な美しさが誠に良かった!

 当時、ヒロインの「 雪姫 」役には、全国から4,000人の応募者が集まったが、なかなか候補者が見つからず、全国の東宝系社員に探させて、文化女子短期大学生の上原美佐がスカウトされた。

 黒澤 明監督は、全く演技素人だった上原美佐の「 気品と野生の二つの要素がかもしだす異様な雰囲気 」のみ評価して、ヒロイン役に抜擢した。

 上原美佐( 本名:上原美佐子 )は1937年3月26日、福岡県福岡市生まれ。2003年死去、享年67歳の若さだった。( 合掌... )
posted by 119号!緊急出場! at 10:20| 東京 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動ブレーキ搭載の義務化

 国土交通省は昨日、「 国産の新車は2021年11月から自動ブレーキ( 衝突被害軽減ブレーキ )搭載を義務化する 」と発表した。

 高齢者ドライバーによる相次ぐ自動車事故を防ぐ為、義務化開始時期は世界最速となる予定だ。

 自動ブレーキの義務化は、既に販売されている国産乗用車については、2025年12月から適用される。

 輸入車では、新車が2024年6月頃、既に生産されている乗用車は、2026年6月頃の予定としている。

 って事は、自分が所有している今の車にも、6年半後には、自動ブレーキを装着しなければならないって事だ。

 その時の費用って、いったい幾らぐらい掛かるのだろうか?そもそも、技術的に後付け装着なんか出来るのだろうか?

 などと考えるより、その時までに、自動ブレーキが装着された新車に代替すれば良いのだ!

 自動ブレーキ( 車載レーダーやカメラで、前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性がある場合に警報を鳴らしたり、衝突の可能性が高ければ、自動でブレーキを作動させる装置 )は、自動車事故の被害を軽減できる可能性が高いとして普及が進んでおり、2018年に販売された国産乗用車では、84.6%に搭載されている。
posted by 119号!緊急出場! at 06:55| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする