2019年08月06日

「 アルキメデスの大戦 」鑑賞

 本日、7月19日( 金 )に待望オープンした「 グランドシネマサンシャイン 」を初来館し、「 アルキメデスの大戦 」( https://archimedes-movie.jp/ )を鑑賞して来た。とても素晴らしい映画館だった。

 もう二度と、「 TOHOシネマズ新宿 」と「 新宿ピカデリー 」には行かないだろう。

 講談社の「ヤングマガジン」にて、2015年52号から連載中の架空戦記漫画( 作者:三田紀房、既刊:本日現在17巻 )が原作らしいが、読んだ事も無いし、見た事も無い。

 しかし、戦艦大和の轟沈で始まり、戦艦大和の出航で終わる実写映画「 アルキメデスの大戦 」は、とても良かった。面白かった。

 櫂 直海軍少佐( 演:菅田将暉 )と田中正二郎海軍少尉( 演:柄本 佑 )が、数学で戦争を止める為!数学で日本を救う為!大奮闘するタイムリミットサスペンス映画と言える。

 本作は史実を基にしたフィクションだが、当初、山本五十六海軍少将( 演:舘ひろし )を善玉的キャラに、平山忠道造船中将( 演:田中 泯 )を悪玉的キャラと見せておいて、実は逆だった( ? )的なオチに、櫂 直海軍少佐は想像を超えた衝撃を覚え、100年に1人の天才は未来を見据え、考え抜いた末に苦渋の決断!

 止められない戦争ならば!終わらせる事が出来ない日本人だから!日本人が敗戦を認める為の象徴として、最初から沈ませる事を目的に、戦艦大和は悲劇の海ヘと出航した!

 大艦巨砲主義を唱え、イメージとプライドを重んじ、戦艦大和の建造を押し進めた軍人の秘話的な物語で、とても良かった。面白かった。
posted by 119号!緊急出場! at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする