2019年06月07日

「 スノー・ロワイヤル 」鑑賞

 期待外れだった。ブチ切れ除雪作業員の必殺仕事人的な活躍は序盤の3〜4人まで。中盤以降はバカなマフィア同士の殺し合いばかり。警察の活躍なんか殆ど無し。「 四つ巴の戦い 」なんか全く無し。業務スキルを応用した除雪作業員の奇抜な猟奇的必殺仕事人技も特に無し。除雪車は良く頑張った。悪人共は勝手に撃ち合って共倒れ全滅。除雪作業員の妻は白紙の置手紙を残して一人で逃げた。バイキングのバカボスの息子は素直で賢く度胸ある良い子。一人また一人と悪人共が無惨且つ簡単に殺されて行く度に名前が紹介される独特な演出に笑い漏れる場内。明るく軽やかな音楽が終始流れ続ける中、ホワイトベアの爺様ボスが居眠りから目覚め、穏やかな雰囲気で物語は終了。
posted by 119号!緊急出場! at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする