2019年01月11日

「 クリード 炎の宿敵 」鑑賞

 1986年6月7日に日本公開された「 ロッキー4 / 炎の友情 」( 原題:Rocky IV )から33年後の今日、「 クリード 炎の宿敵 」( 原題:Creed II )」( http://wwws.warnerbros.co.jp/creed/index.html )の公開初日を鑑賞して来た。

 2015年12月23日に日本公開された「 クリード チャンプを継ぐ男 」( 原題:Creed )の続編だが、ほぼほぼ「 ロッキー3 」と同じ様な展開で物語が進む定番的内容の映画だった。

 ルドミラに捨てられ、野良闘犬の様なイワンとヴィクターの荒んだ困窮生活を見て驚いた。

 ルドミラは極めて酷い女だ。極めて酷い人間だ。

 母に捨てられ、愛を知らず、恨み続けるヴィクターは、母と妻とロッキーから、沢山の愛を注がれているアドニスに敵わなかった。

 ルドミラには悲惨極まりない最期を!イワンとヴィクターには、2人が納得できる幸福勝利を!
posted by 119号!緊急出場! at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする