2018年12月02日

女優 マーセデス・マッケンブリッジ

 今から44年前の1974年7月13日、日本で劇場公開されたウィリアム・フリードキン監督の「 エクソシスト 」は、少女リーガンに憑依した悪魔パズズに対し、2人の神父が挑んだ激闘の姿を描いたオカルト映画の大傑作だが、悪魔パズズの声を担当したマーセデス・マッケンブリッジは、当時57歳、2004年3月2日、老衰で他界した。87歳だった。ハスキーボイスが特徴の個性派女優だったらしいが、悪魔パズズの声を「 女性 」が担当していた事を、最初は全く気付かなかった。

 本作の劇場公開25周年記念として、リーガンがブリッジ姿勢で階段を駆け下りて血を吐くシーンなど、公開当時「 ショッキング過ぎる 」と言う理由で封印された15分の未公開映像を収録した「 エクソシスト ディレクターズカット版 」のDVDを所有しているが、時々懐かしく鑑賞している。

 悪魔祓い中のリーガンの部屋は、冷凍庫の様な極寒空間だが、自分は寒がりなので、何台も用意したストーブを焚いて、暑い中で闘いたい!「 キリストの力が汝を追う!キリストの力が汝を追う!キリストの力が汝を追う! 」
posted by 119号!緊急出場! at 21:30| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女優 ジュディス・オーディア

 今から50年前の1968年10月1日、アメリカで劇場公開されたジョージ・A・ロメロ監督の「 ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 」は、ニューヨーク近代美術館に所蔵されるカルト・クラシックで、アメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録され、「 人を襲うゾンビを描いた最初の映画 」として、映画史に残る「 ゾンビ映画の記念碑的作品 」だが、茫然自失状態で、怯えるだけで、観ていてイライラするヒロインのバーバラを演じていたジュディス・オーディアは、当時23歳、今年4月5日で73歳、今も現役の女優として、元気に活躍しているらしい。

 本作の劇場公開30周年記念として、新たなるプロローグと、衝撃の新エンディングを含む15分のショック・シーンを追加撮影して再編集した「 ナイト・オブ・ザ・リビングデッド コレクターズ・エディション 最終版 」のDVDを所有しているが、時々懐かしく鑑賞している。
posted by 119号!緊急出場! at 19:30| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルパン三世 PART5 放送記念 腕時計

 「 ルパン三世 PART5 放送記念 オフィシャル限定版 ヘッズ オア テイルズ ターンフェイス・ウォッチ 」( https://iei.jp/50492261801/?gclid=EAIaIQobChMIh4ztxtSA3wIVioaWCh15WgSMEAEYASAAEgKLlPD_BwE )が、税込み42,984円( 世界限定1,000個 )で発売中で、今月下旬から来年1月中旬の発送( 手数料税込み756円 )分を受付中らしいが、「 ルパン三世 」のファンとして、あくまで個人的な意見だが、イマイチだなあ〜..... 9割引の4,298円でも買わないなぁ〜.....

 ルパン三世が持つ愛銃「 ワルサーP38 」( http://www.maruzen-aps.com/product/walther_04.htm )は、「 モデルガン 」ファンとして、あくまで個人的な意見だが、自分の掌サイズでは、グリップがイマイチ握り難い。
posted by 119号!緊急出場! at 17:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 ショーン・オブ・ザ・デッド 」DVD鑑賞

 昨日、久し振りに「 ショーン・オブ・ザ・デッド 」( Shaun of the Dead )のDVDを鑑賞した。

 2004年4月9日にイギリスで公開された「 ゾンビ映画 」の傑作なのだが、日本未公開の作品だ。

 1978年9月2日にイタリアで公開され、1973年3月10日に日本公開されたゾンビ映画の金字塔「 ゾンビ 」( Dawn of the Dead )と、1985年7月3日にアメリカで公開され、1986年4月12日に日本公開されたゾンビ映画の秀作「 死霊のえじき 」( Day of the Dead )が作り上げた「 ゾンビの基本的特性 」を、しっかり踏襲した正当なゾンビ映画だが、個性溢れるキャラクター( ショーンとバドとデービッド )が、常にイライラさせたり笑わせたり、面白いパロディ場面を多く描きつつ、ラブ・ストーリーも絡めつつ、終始とても緩いんだけど、しっかり緊迫した絶体絶命の恐怖体験が続く「 ゾンビ映画 」の傑作だ。

 自分の両親、兄弟、恋人がゾンビに変化した時、取り乱して撃てなくて、噛まれて喰われる「 この軟弱者! 」が多い中で、母親が死んだ時、決して銃口を向けさせなかったショーンだが、母親がゾンビに変化した時、彼は泣きながら躊躇なく引き金を引いた。辛さに耐えて、良く頑張った!
posted by 119号!緊急出場! at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする