2018年10月01日

「 死霊館のシスター 」鑑賞

遊園地の「 お化け屋敷 」を歩き巡る様な雰囲気を体感できる作品だった。

アイリーンは手品師か!?どうやって「 キリストの血 」を口に含んだ!?

地下道探索に行く3人!なんで勝手バラバラに別行動する!?イライラさせながら怖がらせる王道だ!

ロウソクやランプやトーチじゃなく、強烈な照明装置を数多く持ち込んで設置すれば、きっと怖くないだろう。

悪魔の尼僧ヴァラクを演じているボニー・アーロンズの素顔を、未だ見た事が無い。

アイリーンを演じたタイッサ・ファーミガ は、7人兄弟姉妹の末っ子で、1994年8月17日生まれの24歳。

ロレイン・ウォーレンを演じた姉のヴェラ・ファーミガは、1973年8月6日生まれの45歳で、年の差21歳。

しかし!せっかく苦労して封印したのに、戦争で爆弾が落ちて扉が壊れて悪魔復活!って言う設定は如何なものか!?
posted by 119号!緊急出場! at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする