2017年06月29日

「 宇宙戦艦ヤマト2022 愛の戦士たち 第二章 発進篇 」先売券再確保

 「 宇宙戦艦ヤマト2022 愛の戦士たち 第二章 発進篇 」の初日初回を鑑賞し、 第1週目の「 数量限定入場者プレゼント 」を貰ったが、今朝9時半、劇場窓口にて、7月1日( 土 )初回の先売券を確保した。第2週目の「 数量限定入場者プレゼント 」も、無事に貰える事だろう。
posted by 555号発進! at 10:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

「 ハクソー・リッジ 」鑑賞

 「 米軍衛生兵デズモンド・T・ドス 」と言う実在した人間を知る事が出来て、その信念と生き様を観る事が出来て、更に!ご本人や関係者の言葉を聞ける事が出来る!観る価値十分だ!特に米国人と日本人は、この映画を観て、現実に起こった歴史の真実を知るべきだ!もう一度言うが、観る価値十分だ!

 しかし、ハクソー・リッジに登るシーンから観れば十分だ。戦争とは、人間が人間の心を失う悲惨で凄惨で残酷で残虐で暴虐で恐怖する殺戮行動の連続だ。それまでの時間は、とても必要な説明だが、単なる伏線だ。

 ヒューゴ・ウィーヴィングが演じたトム・ドスだが、息子を想う一心で、陰の努力に徹し、最後に見せた男気溢れる行動は、誠にアッパレだった!待たずに帰る行動も、誠に粋だった!

 デズモンド・T・ドスの恋人ドロシー・シュッテを演じたテリーサ・パーマーは1986年2月26日生まれの31歳だが、個人的な見解だが、もっと年上の女優に見えた。

 デズモンド・T・ドスは間違いなく英雄だが、本当の英雄は、愛する人を守る為に死んでいった大勢の兵士たち一人一人だ。合掌....
posted by 555号発進! at 06:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

「 ハクソー・リッジ 」本日鑑賞

 本日15時から17時25分まで、「 ハクソー・リッジ 」( http://hacksawridge.jp/ )を鑑賞して来る。尊い命と命が殺し合う、悲惨で凄惨で残酷で残虐で暴虐で恐怖する殺戮描写を、気分が悪くなる程に、超リアルに描いた戦争映画の感動傑作として、大いに期待している。
posted by 555号発進! at 07:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

「 宇宙戦艦ヤマト2022 愛の戦士たち 第二章 発進篇 」鑑賞

 本日、「 宇宙戦艦ヤマト2022 愛の戦士たち 第二章 発進篇 」の初日初回を鑑賞し、第1週目の「 数量限定入場者プレゼント 」を無事に確保した。

 第一章「 嚆矢篇 」の第1話「 西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト 」と第2話「 緊迫・月面大使館に潜行せよ 」を鑑賞し、今回、第二章「 発進篇 」の第3話「 衝撃・コスモリバースの遺産 」と第4話「 未知への発進! 」と第5話「 激突!ヤマト対アンドロメダ 」と第6話「 死闘!第十一番惑星 」を鑑賞した訳だが、全く個人的な感覚の感想だが、「 2199 」と比較して、物語の展開、構成、演出に、部分部分に「 何かなぁ... 」と、微妙な違和感を感じている。

 だから「 悪い 」とか、「 良くない 」とか、決してそう言う訳ではないが、「 監督が変わった事が原因だな 」と、勝手に思いながら、長蛇の列を30分並んで、1,100円のパンフレットを購入して帰宅した。

 第三章「 純愛編 」( 第7話〜第10話 )は10月14日( 土 )2週間限定公開!

 全く余談だが、昨日、今年5回目、通算139回目の献血( 血漿成分献血 )を実施した。
posted by 555号発進! at 21:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

「 宇宙戦艦ヤマト2022 愛の戦士たち 第二章 発進篇 」先売券確保

 「 宇宙戦艦ヤマト2022 愛の戦士たち 第二章 発進篇 」( http://yamato2202.net/ )の第1週目の「 数量限定入場者プレゼント 」を確実に確保する為、本日9時に劇場窓口に並び、9時半の入場受付開始と共に、初日初回( 6月24日9時50分 )の先売券を確保した。

 前売鑑賞券がムビチケじゃなく、昔ながらの「 紙券 」なので、先売券と交換する作業が甚だ面倒だ。クレジットカード決済で料金を支払うならば、事前の座席確保は、ネット予約で可能なのだが、前売鑑賞券の「 半券 」を収集する為には、絶対出来ない方法だ。

 来週29日( 木 )は、第2週目の「 数量限定入場者プレゼント 」を確実に確保する為、再び朝9時に劇場窓口に並び、9時半の入場受付開始と共に、7月1日( 土 )初回の先売券を確保しなければならない。前売鑑賞券がムビチケじゃないので、甚だ面倒だ。
posted by 555号発進! at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする